矯正治療のQ&A|静岡駅前のインプラント・矯正専門の歯医者|静岡デンタルオフィス

静岡駅徒歩5分の歯医者|静岡デンタルオフィス
静岡駅徒歩5分の歯医者|静岡デンタルオフィス
  • こどもの矯正治療
  • おとなの矯正治療
  • 治療の流れ
  • 料金表
  • 症例
  • よくある質問
矯正治療のQ&A

矯正治療のQ&A

Q:歯並びが悪いとどのような影響がありますか?

A:歯並び・咬み合わせが悪いと、食べ物を上手に噛み砕くことができないため、消化吸収に悪影響を及ぼします。
歯磨きなど口腔清掃が難しくなり、虫歯、歯肉炎、歯周病にかかりやすくなります。よって、70~80歳になったときに健康な歯が残っている確率が低くなります。
発音に悪影響を及ぼします。
歯並びが悪いと自覚していると、思いっきり笑えなかったり、自分自身に自信がもてなくなったり、心の健康にも良くありません。

Q:矯正治療はいつ頃から始めるのが良いですか?

A:歯並び・咬み合わせが悪いと言っても、いろいろなタイプがありますので治療開始の時期も異なります。受け口のお子様は3~5歳で開始することもあります。歯のガタガタ、出っ歯は小学校低学年から開始することが多いです。
一度、矯正の先生に診せる時期としては、下の1番目の前歯が萌えかわった時(6歳頃)が良いと思います。

Q:治療期間はどれくらいですか?

A:小学生の低学年から始めた場合6~8年、すべて永久歯が萌えている状態から始めた場合、2~3年です。

Q:どのくらいの頻度で通院が必要で、通院1回ごとにどのくらいの支払いが必要ですか?

A:大体、1ヶ月に1回の通院です。小学生時は2か月に1回の時もあります。当院では通院ごとの支払いはございません。衛生士による歯のおそうじ、フッ素塗布を希望される時は、3,000円いただいております。

Q:子供が痛みに弱いのですが、矯正治療中の痛みはありますか?痛みは装置装着時に痛いのか、持続的に痛いのか知りたいです。

A:接着式の装置、取り外しができる装置とも無痛ではありません。物を食べたり、咬んだときに痛いのが通常です。その痛みも矯正の力をかけた日から3~4日間で治まります。
取り外しができる装置は、食事中は外していただくのですが、それでも咬んだら歯が痛む時があります。口内炎ができて痛い場合があります。
しかし、矯正装置による歯の痛みで眠れなかったとか、矯正治療を痛くて途中でやめた方はおりませんので、そのぐらい軽度な痛みと思っていただいて良いと思います。全く痛くないというお子様も多いです。

Q:永久歯を抜いて矯正治療することに、リスクは無いのか?

A:矯正治療では永久歯の第一小臼歯(前から4番目の歯)を抜くことが多いですが将来、身体に悪影響はありません。

Q:矯正中に虫歯になったら矯正は一時中断とかするのですか?

A:接着式の装置の場合であっても、小さい虫歯1つ、2つであれば、矯正治療を続けながら虫歯の治療をします。
しかし、ブラッシング指導を行っても、しっかり歯磨きをしてくれずに、虫歯が何回もできる子供の患者様の場合、中断することがあります。

Q:保険は適用されないんですか?適用される場合とされない場合とは何が違うのですか?

A:先天異常(唇顎口蓋裂、ダウン症候群など)や、下顎前突(受け口)がひどくて矯正治療とあわせて外科手術が必要な方は健康保険が適用されます。

Q:矯正治療は医療費控除の対象になりますか?

A:成長期である子供の矯正治療は、その目的、必要性から認められることが多いです。
成人の矯正治療では、審美的な目的では対象とはなりませんが、歯並び・咬み合わせの状態により判断されますので、歯科医におたずねください。